行動指針

東京インキグループの行動指針は3つの行動に大別されます。
熱い想いを胸に、グループ一丸となって企業理念の実現のため行動してまいります。

東京インキグループ行動指針

挑戦し続ける

課題や問題に対して果敢に取り組もうとする姿勢こそが大切なものだと信じています。
時に報われないことがあっても決してあきらめることなく、私たちは挑戦し続けていきます。

イノベーションで価値を創造する

お客様の想いをカタチにするためには、イノベーションによる価値創造が必要です。
現状に満足せず、より高いものを求めて、私たちは心躍るアイデアを提供し続けていきます。

共に成長する

ひとりだけでは良い仕事はできません。
皆で意見を出し合い議論を重ね、相手を尊重しながら同じ目標に向かって歩んでいくことが大切です。
お客様、家族、同僚、お取引先、地域社会に支えられながら、その信頼や期待に応えて大きな喜びを共有するため、私たちは学び、共に成長し続けていきます。

各種ガイドライン

東京インキグループはESG経営を推進していくため、重要な領域と課題について各種ガイドラインを定め、各活動を推進しています。

リスクマネジメントに関するガイドライン

当社グループにおいて顕在化しうるリスクへの対応に係る管理体制を整備し、当該リスクの認識、顕在化防止および顕在化時の損失低減のための対応を着実に実行することにより、当社グループの企業価値の向上に資することを目指します。

  1. 継続的なリスクマネジメント活動を通じて、リスク対応能力の向上を図ります。
  2. ステークホルダーの安全、健康および利益を損なわない誠実な企業経営を行います。
  3. 製品・サービスの品質と安全を最優先とし、緊急事態発生時には、事業継続計画(BCP)に従い、被害を最小限にとどめるとともに、事業の早期復旧を図ります。
  4. リスク教育活動とリスク情報の共有化により、リスク感性の醸成を図ります。

コンプライアンスに関するガイドライン

当社グループは、企業の社会的責任を常に認識し、法令はもとより規範、倫理および社内規程を遵守し、良識を持って公正かつ誠実に行動することで、社会との調和を図り、企業活動の更なる発展を目指します。

  1. 私たちは、基本的人権を尊重し、いかなる差別もしません。
  2. 私たちは、取引先との健全な関係を維持、構築し、公正・公平な取引を行います。
  3. 私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して、毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。
  4. 私たちは、企業の透明性を高めるために、適時・適切な情報開示を行います。
  5. グループ全ての役員および従業員のコンプライアンスに対する重要性を浸透させるために、啓蒙・教育活動を継続的に実施します。
  6. コンプライアンスの問題が発生した場合は、迅速かつ適切に対応します。

安全衛生に関するガイドライン

当社グループは、安全を第一とし、従業員の職場における安全・健康の維持・管理に努めます。

  1. 危険予知活動及び教育を通じて、従業員の危険意識の向上を図ります。
  2. 安全基準を策定し、労働災害の未然防止に努めます。
  3. 従業員の心と身体の健康を保つため、快適で働きやすい職場を作ります。

品質に関するガイドライン

当社グループは、品質の継続的改善を行い、お客様に信頼される製品・サービスの提供に努めます。

  1. 高品質で安全な製品・サービスを提供します。
  2. 社会に貢献できる製品・サービスの開発に努めます。
  3. システムの継続的改善を行い、製品・サービスの価値向上に努めます。

サステナビリティに関するガイドライン

当社グループは、健全で透明性の高い経営と事業活動により、企業価値向上を目指すとともに、持続可能な社会の形成に貢献するよう努めます。

  1. すべてのステークホルダーとの対話を重視し、企業の透明性を高め、社会的責任を果たします。
  2. 当社製品・サービスの提供により、持続可能な社会の形成に貢献します。
  3. 従業員の基本的人権、多様性を尊重し、安全、健康が確保でき、働きがいのある職場の構築に努めます。
  4. 社会貢献活動を通じて従業員の成長と持続可能な社会の形成に貢献します。

環境に関するガイドライン

当社グループは、事業活動を通じて、地球環境に対する負荷を低減させる取組みを継続的に行います。

  1. 環境負荷低減に貢献する製品・サービスの開発に努めます。
  2. 継続的な省エネルギー活動やリサイクルの推進により、温室効果ガスおよび廃棄物の削減に努めます。
  3. 環境に関連する法規制を遵守するだけでなく、自主基準を設定し環境保全に努めます。
  4. 企業に求められる環境に関連する情報開示を積極的に行います。
  5. 従業員に対して環境に関する教育、広報活動を実施し、環境問題への意識向上を図ります。

BCPに関するガイドライン

当社グループは、大規模な自然災害および事業の継続に重大な支障となる事象が発生した場合、社会的な責任を果たすため、事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)を定め、当社グループならび全従業員でこれに取り組みます。

  1. 人命の尊重

    従業員とその家族並びに当社関係者等の人命を尊重し、安全確保に努めます。
  2. 顧客の信用維持

    事業の早期復旧を図り、顧客への安定供給を目指します。
  3. 地域・社会への貢献

    地域・社会の一員として復旧に貢献するよう行動します。
  4. 非常時体制の構築

    基本方針の周知徹底、教育の実施を通じ、自らが行動できる体制を構築します。
  5. 継続的改善

    事業継続マネジメント(BCM)を通じ、ステークホルダーに信頼される企業を目指します。

公益通報窓口

東京インキグループで働いている方、並びに取引関係にある会社の皆さんのための公益通報者保護法に基づく通報・相談窓口を設置しています。

この窓口は東京インキグループで働いている方、並びに取引関係にある皆さん方が、東京インキグループの役員・社員について公益通報者保護法第2条3項に規定する「通報対象事実」が生じたときに通報・相談することができる窓口です。また、この窓口を利用したことにより、「東京インキ」から不利益な取り扱いを受けることはありません。

ご利用の際には、会社名・氏名・連絡先を明記の上、以下の連絡先までご送付ください。
〒114-0002 東京都北区王子1-12-4 TIC王子ビル
東京インキ株式会社 総務部内 「公益通報窓口」宛て

個人情報保護相談窓口

当社は個人情報の取扱いに関するお問合せ、苦情および相談は当サイトのお問い合せにて承ります。
いただいた情報は当社の個人情報保護方針に則って取り扱います。