VOL.5ホタテ貝殻由来成分で抗菌・抗ウイルス印刷

UV抗菌・抗ウイルスニス SCPシリーズ

循環型ものづくりから生まれた
抗菌・抗ウイルス加工の新たな選択肢

※撮影時に限りマスクをはずして撮影しています。

今回は、生産・技術部門インキ技術第1部 斎藤さん、伊藤さん、営業部門インキ営業第1部 大塚さん、佐野さんにお話を伺いました。

近年、食用ホタテ貝の産地が貝殻の廃棄問題に頭を悩ましていることをご存知でしょうか。UV抗菌・抗ウイルスニス SCPシリーズは、そんな厄介者扱いされているホタテ貝殻に含まれる強アルカリ成分に着目し、WM株式会社のご協力のもと東京インキ株式会社・株式会社気生堂印刷所が共同開発した特許技術によって誕生したUVニスです。
この抗菌・抗ウイルス技術は、塗布された印刷面が水分に反応した時だけ一時的に強アルカリ性(pH11以上)になることから、通常水分を含んだ状態で浮遊する細菌やウイルスに対して有意に作用するというもの。従来からある銀イオン系ニスに比べ安価に抗ウイルス加工を提供でき、しかも印刷物を廃棄した後も環境に影響を及ぼすことのない自然にやさしい製品です。

斎藤「きっかけは『放置されてゴミになっている大量の貝殻で食用ホタテ産地が困っている』。そんな話からでした。ホタテ貝殻をリサイクルした抗菌剤はこれまでも抗菌プラスチックに利用されていたので、それを印刷分野で応用できないものだろうかと。当然最初は抗菌インキを考えましたが、それだと抗菌性があるのはインキが乗っている部分だけ。であればニス。薄く塗布するニスなら採算面も見合うだろうということで開発が始まりました」

大塚「そんなやりとりがあったのが2019年9月。用途としては当初からマスクケースを想定していました。インフルエンザの流行は毎年のことなので一定の季節需要があるだろうと。まさか半年後にコロナ禍がやってくるとは思いもよりませんでした。結果的にウィズコロナ時代の抗菌ニーズを捉えるタイミングでの製品化が実現したのですが、そもそものテーマはホタテ貝殻のリサイクルなんです」

しかし、もし印刷物がゴミとして廃棄された後、その強アルカリ性が自然界に悪影響を及ぼしたとしたらせっかくのリサイクルにも意味がありません。「環境負荷が少ないこと」が実用化には不可欠な条件でした。

斎藤「この強アルカリ性は、ホタテ貝殻を高温焼成して炭酸カルシウムを水酸化カルシウムに変化させることで得られるのですが、水酸化カルシウムというのは空気中の二酸化炭素と結合して再び炭酸カルシウムに戻る性質があることがわかりました。言ってみれば元のホタテ貝に戻ろうとするわけです」

SDGsが社会課題として浸透するなかで、SCPシリーズのこうしたエコフレンドリーな面に寄せられる関心の高さを日々感じていると大塚さん。さらに印刷会社やエンドユーザにとっては、その抗菌・抗ウイルス性能が「見える化」できることも大きなメリットと解説。

大塚「SCPシリーズは『抗菌』『抗ウイルス』の2つのSIAA認証を受けていて、採用いただいた印刷物にはSIAAマークの表示が可能です。それだけでも訴求力はあるのですが、その抗菌・抗ウイルス性能をpH値によって『見える化』できるのが既存製品との大きな違いです」

佐野「自社でpH計測器を購入し、実測データに基づくプレゼンをしてくださる印刷会社様もいて、その先のクライアントに提案する際に『非常に説得力がある』と評価いただいています」

斎藤「銀イオン系ニスの場合、印刷物になった状態でイオンを測定することは難しいですからね」

手に触れるものに対して誰もがナーバスになっている今の時代にあって、印刷物に求められる清潔・安全をより高い次元で実現するSCPシリーズ。抗菌・抗ウイルス加工の新たな選択肢として採用実績も着実に増えつつあります。

大塚「『抗菌だけ』『抗ウイルスだけ』というチョイスもでき、幅広い用途がまだまだ考えられるので、コロナ禍の今だけでなくロングスパンで必要とされる製品になると自信を持っています。今後は用途のアイデアも含め、さらなる認知度アップを図っていけたらと思っています」

ソラシドエア様機内サービスインフォメーション

バウムクーヘンMARUKO様のパッケージ

ホテル客室等の備品として利用される紙製ハンガー

専用試験紙によるpH値測定の様子

SCPシリーズによる抗菌・抗ウイルス加工のサンプル(紙製ホルダー)

紙・プラスチックの代替素材「LIMEX 」をSCPシリーズで加工した「洗える抗菌・抗ウイルス仕様」のサンプル